2018年01月02日

めめ

ガチャの結果です。

スクフェスは例のアレを買いました。なのでSSR以上確定が2回、SR以上確定が2回引けます。

まずはSSR以上から引きましょう。

IMG_3777.PNG

IMG_3778.PNG

どちらもSSRでした。まあそうでしょうね。

あとはSR以上です。1回目は持ってるSRで、あー、これはいつものパターンかと思いきや、

IMG_3776.PNG

おおっと! UR!
ここでURが引けたのは大きいですよ。なぜでしょうね。ただ、判定スキルなのがうーんです。今まではURというだけでパーティーに入れてましたが、すでに判定URは2人使ってます。3人はさすがに多すぎのような気がします。なので今のところは使わない感じですかね。

で、今後についてはboxガチャを引きたいです。以前にも書きましたが、boxガチャはたまにやってる天井ありのガチャです。200回のうちUR2枚が確実に手に入ります。しかし200回の天井という事は最悪ケースで11連が18回と単発が2回の合計910個の石が必要になる予感です。今の手持ちは450個くらいです。これでも相当貯めたと思うんですがまだ半分です。これだとまだまだ先になる話なのでだるいんですが、このboxガチャはガチャチケットも使えるようなのです。今回買った11連ガチャ2回分のチケットと、手持ちの単発チケット10枚があるので、それで計算しなおすと、11連が15回、単発が3回の765個分の石が必要という事になります。となるとちょっとだけ実現できそうな気がしてきました。またお得そうなチケット販売があればそれまでの配布石、チケットと組み合わせてboxガチャにチャレンジできそうです。

なので石を貯めます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
posted by 青木 at 23:55| Comment(0) | 首が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曹操伝んんんん

さて、スマホ版三国志曹操伝を始めてそれなりに日が経ちましたので改めて感想を書こうと思います。

まず、そもそもwindows版三国志曹操伝は神ゲーです。もう20年くらい前のゲームですが、いまでも一番好きなSRPGです。どれくらい好きかは昔のサイトで書いてた気もしますが、数年前にどうしてもまたやりたくなってまた買ってしまったくらいです。

で、スマホ版が他のスマホゲーと比べてどうかという点です。

・ガチャ
キャラガチャはありません。条件を満たす毎に使用できるキャラが増えていきます。代わりに装備にガチャがあります。こちらはかなりえぐいですが、まあストーリーのクリヤ分についてはなくても良いですね。ストーリーモードでも結構良い物が手に入りますし、ガチャは対戦用だと思います。ただし、一部が課金キャラとなっていて、その課金キャラをゲットしないと遊べない外伝ストーリーがあります。ですので、無課金でやるのであれば配布石をガチャに使ってはいけません。

・オンライン要素
ストーリーモードにオンライン要素はありません。天下統一モードという、原作にはなかったコーエーの三国志シリーズというか、無双エンパイアというか、敵国に攻め込んで領土を得るモードがあるんですが、この相手は他プレイヤーのキャラになります。とはいっても強い相手なら勝てる相手が出るまでシャッフルできるので大抵なんとかなります。他にも殲滅戦というランキング形式の対戦モードがありますが、こちらは本気でやる人用ですね。今のところ無課金の私は参加報酬だけ貰ってます。フレンドはありませんし、ストーリーメインでやるのであれば他プレイヤーとの対戦はほとんど気にしなくていいです。

・課金要素
上で書いた装備ガチャと課金キャラの他には、パッシブスキルがあります。各キャラに付けられるパッシブスキルには無料版と有料版があり、有料版の方が強いです。が、これも超高難易度や対戦にこだわらないなら無料版だけで問題ないと思います。好きなキャラには配布石を使って有料スキルを付けるのもアリだと思います。あとは高レベルのレベル限界突破に必要な素材が無課金だとほとんどログインボーナスに頼る必要があり、育てるキャラを決めておく必要があります。まあこれもストーリー目的ならあまり気にしなくていいですね。

そんなわけで無課金でも相当遊べるので、正月にやる事ない人とか、ちょうど今正月ログインキャンペーンをやってるのでやってみてもいいんじゃないですかね。まあ勝てないステージはレベル上げしてから再挑戦できるので、原作のギリギリな戦いをしたい人は向かないかもしれません。ファイアーエムブレムのような感じでやりたいのであればwindows版ですね。こうなったらどっちもやりましょう。
posted by 青木 at 00:05| Comment(2) | みそラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする